トップへ戻る

 マイケル・フランクス(Michael Franks)

今回はマイケル・フランクス(Michael Franks)さんです。

ポップス系のヴォーカリストなのですが、バックにジャズ・フュージョン系のミュージシャンを起用することが多く アメリカのAOR界を代表するヴォーカリストの一人。

独特の囁くようなヴォーカルスタイルはヘタウマ調といわれ、ジャジーで都会的な音楽性は高く評価されています。

代表曲の「Antonio's Song(アントニオの歌)」、マイケルさんの歌も良いですが、間奏でのジョーサンプルの裏打ちのピアノ、脱帽です。

『The Art Of Tea』と『Sleeping Gypsy』、どちらもベストなポップス・アルバムだと思っています。

どちらのアルバムも、プロデューサーはトミー・リピューマ、エンジニアはアル・シュミットで、ギター、ベース、ピアノにそれぞれラリー・カールトン、ウィルトン・フェルダー、ジョー・サンプルというクルセイダーズの面々、ドラムにジョン・ゲーリン、サックスは曲ごとにマイケル・ブレッカーとデイビッド・サンボーンなど、クレジットを見ただけでも、一聴の価値ありですね。



トップへ戻る

Copyright 2013    Myevergreen All rights reserved